喪主・ご遺族の方|神戸・阪神でお葬式・家族葬・ご葬儀なら平安祭典

葬儀の基礎知識

通夜から告別式

お通夜、通夜ぶるまい

通夜(つや)は、葬儀前夜に夜通しで行う儀式のことです。故人様の霊を慰めるため、近親者や故人様と親しかった方たちがご遺体を守って一晩過ごし、別れを惜しみます。ご遺族・ご親族・友人など参列者が集まる一つの場でご寺院が通夜のお勤めを執り行っています。流れは以下の通りです。
着席⇒ご寺院入場⇒読経⇒ご遺族焼香⇒弔問者焼香⇒ご遺族代表挨拶(地域、宗旨・宗派によって異なる場合があります)
通夜ぶるまいは、ご寺院の読経後、ご遺族はご親族や親しかった方と故人様を偲んで、酒食でもてなします。また、それが故人様への供養と言われています。

喪主・ご遺族の通夜での服装は?

服装について

葬儀・告別式

「葬儀」とは本来 死者をあの世へ送るための儀式です。多くは宗教儀礼によって執り行われます。「告別式」とは参列者が死者に対してお別れをする儀式のことです。
【葬儀・告別式の流れ】着席⇒ご寺院入場⇒読経⇒ご遺族焼香⇒会葬者焼香⇒ご寺院退場⇒ご遺族代表挨拶

喪主の挨拶について

葬儀・告別式の服装は?

24時間年中無休 フリーダイヤル:0120-00-3242

  • 事前相談
  • 資料請求・お問い合わせ
  • お急ぎの方へ

いつでもお問い合わせください